業者依頼からウッドデッキ完成までの流れ

家にはウッドデッキがないから週末は庭でバーベキューや
お友達とちょっとお茶でもしたいと思うけどできない、
日向ぼっこや子どものプール遊びもできない、
何より日曜大工でウッドデッキなんて作れる自信がないという人もいると思います。
そんな時は業者にウッドデッキの製作を頼むことをオススメします。
今ではウッドデッキを専門に取り扱っている業者もあります。
そのため、家を建て終わった後にウッドデッキを取り付けることも可能です。
 

 

手順としては、ウッドデッキ業者に電話やメールなどで問い合わせをし、
その後、業者と打ち合わせをし、現地(住宅)のどこにウッドデッキを設置したいのか、
またどのくらいの大きさのウッドデッキが良いのかなどを打ち合わせします。
打ち合わせ後に見積書等を見てウッドデッキを作るか作らないかを検討します。
ウッドデッキの料金は設置場所、大きさなどにより値段が変わってきます。
100万円以上するウッドデッキもあれば、それ以下のものもあります。
ウッドデッキを建てる場合は業者と依頼者の間で工事の契約書を交わし、
ウッドデッキの工事に移ります。
ウッドデッキ施工完了までは業者によりまちまちです。

 

多くのウッドデッキ専門業者はウッドデッキが出来上がった後に料金を支払うという方法になっているようです。
ウッドデッキ完成後、ウッドデッキに工事の不備があった場合などの
アフターケアを行ってくれるウッドデッキ業者もあるようです。
近所から寛いでいるのが分からないようにフェンスをつけると
プライベート空間ができるのでオススメです。

ウッドデッキの専門業者

ウッドデッキは、設置することで、お庭やベランダを裸足で歩いたり、
寝転ぶことができたりと心地いい空間になります。
このウッドデッキを設置するためには、
専門の業者に依頼して、保証やメンテナンスなどでしっかり対応してもらいましょう。
では、専門の業者とは一体、どういう業者を指すのでしょうか。

 

ウッドデッキの専門業者は、
一般的に「10年以上の保証」をつけています。
耐久性のある木材を使用するだけではなく、
金物・設計・加工・施工すべてに、耐久性を考慮して作ることで、
10年以上の保証が可能となるのです。
この保証が可能か最初に確認する必要があります。

 

ウッドデッキについて数多くの経験と知識を持つ専門調査員はいるのか、
ウッドデッキプランナーが構造計算を行っているか、などが重要なポイントとなってきます。
専門のスタッフがいる業者に依頼をすれば、
お客様が理想とするウッドデッキの完成に近づくのでしょう。

 

ウッドデッキ専門ではない職人は、
使用する木材に対して知識や経験が不足しているので、
後に割れや反りが発生し、木の接合部に水がたまって腐りやすくなる可能性もあります。
何を専門でやっている職人なのか、ウッドデッキの施工経験など、しっかり確認しておきましょう。
決して安い費用で行えるものではないので、専門業者と納得のいくまで話し合いをして、
素敵なウッドデッキを設置してもらいましょう。
 
事前に打ち合わせ、注文によってウッドデッキの出来映えが大きく異なります。
せっかくウッドデッキを設置するという事であれば、
満足いくように工事してもらいましょう。

更新履歴


このページの先頭へ戻る